キャッシング会社の特徴

銀行系、信販系、消費者金融のメリット・デメリットについて

それぞれにメリット・デメリットがあるので、ニーズに合わせて使い分けると良いでしょう。

銀行系キャッシングのメリットは、やはり、他の系列に比べて金利が低いこと。また、限度額も300万円までの会社が多く、ある程度まとまった金額が借りられますので、「おまとめローン」として利用することもできます。一方、デメリットは、提出書類等も多く、申し込みに時間がかかり、審査も厳しい点などが挙げられます。

信販系キャッシングのメリットは、使い勝手が良いということ。信販系キャッシング利用者の多くは、クレジットカード利用者であり、あらかじめ決められた融資限度額内であれば、通常ショッピングなどで利用しているクレジットカードで、何度でも借り入れすることができる上、ポイント等のサービスも充実しています。さらに、全国のコンビニや提携金融機関のATMなどで利用でき、支払いも引き落としでO.K.という利便性は、信販系の大きな魅力です。

一方、デメリットは、金利が消費者金融系よりも低いものの、銀行系よりは高い点や、申込や審査にも、やや時間がかかる点などが挙げられます。

消費者金融系キャッシングのメリットは、申込からキャッシングできるまでの時間が短く、審査も比較的緩やかということ。

一方、デメリットとしては、相対的に金利が高いこと。ただし、消費者金融系の場合、利息は日割りで計算されますので、早期返済が可能な場合は、金利を低く抑えることができますし、一定期間利息がかからない商品などもあります。

最近、キャッシングを利用する人は、増加傾向にあり、それぞれの系列によって、融資方法や利率、審査などのサービスが異なります。利用目的や返済計画を考え、自分のニーズに合った商品を選ぶことが、賢いキャッシングへの近道といえそうです。


キャッシング人気ランキング

  1. 第1位
    キャッシング商品1
  2. 第2位
    キャッシング商品3
  3. 第3位
    キャッシング商品2
4位
キャッシング商品4

特集

  • 銀行系キャッシング特集
  • ビジネスローン特集
  • ランキング特集
  • おまとめローン特集

おすすめPickup

お役立ちキャッシング情報

商品一覧

アコム
安心のアコム
株式会社エクスチェンジコーポレーション
AQUSHローン
オリックス銀行株式会社
new! オリックス銀行カードローン
シンキ株式会社
ノーローン 新生銀行グループ
株式会社新生銀行
新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローン レディースレイク
ビジネクスト株式会社
カードローン
ビジネクスト-ビジネスローン
診療報酬債権ローン
三井住友カード
エブリカード
株式会社 三井住友銀行
三井住友銀行カードローン
株式会社三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行カードローン
モビット
モビットカード
楽天銀行株式会社
楽天銀行スーパーローン

PR


    ウェッブキャッシングドットコム|ページ先頭へ戻る▲

    個人向け商品

    経営者向け商品