Part1悪徳業者の手口 Part2悪徳業者の見分け方
2007年の「ヤミ金融事犯」は増加、「融資保証金詐欺」も高水準
警察庁によれば、保証金などの名目で金銭を振り込ませ騙し取る「融資保証金詐欺」の2007年の認知件数は5,922件、被害額は38億円でした。05年、06年に比べると減少しているとはいえいまだに高い水準で被害が発生しています。
一方、超高金利をとるなどの「ヤミ金融事犯」の2007年の事件数は484件で前年比151事件増加し、被害額は304億円で104億円増加しています。
これらは、あくまでも検挙できた件数ですから、被害はその何倍もの規模で、今、起こっているのです。

騙されないために
騙されないために必要なことは、ご利用の前に、正しい知識を身につけるこ とです。優良業者と悪質業者との区別のしかたはもちろん、悪質業者の手口を 知ることも有効です。これまでの被害事例から典型的な手口を紹介します。
(1)新聞や雑誌、インターネット上に条件の良いオトリ広告を出します。「固定金利1%でおまとめ」など条件の良すぎる広告はオトリだと思いましょう。
(2)携帯電話へのDMメールやDM葉書・封書をばらまきます。(1)と同様良すぎる条件の他に、「既に審査済みです」など書かれている場合も。

(3)こうした広告やDMには、金融機関や大企業の子会社であるかのような誤解をさせる社名を使ったり、中には著名な金融会社の社名をそのまま詐称した りするケースや、「○○協会加盟」など団体加盟を詐称して信用させる場合もあります。

(4)破産者をターゲットにしたDMも見受けられます。破産するとクレジット カードを作ったりローン契約を結んだりすることができにくくなる弱みにつけ 込んだ集客の方法です。
(1)「あなたは信用力が低いので」が最初のキーワードです。「信用力を回復 するために個人情報を操作しなければいけない」「まず保証金が必要」など信用力を補うために何らかの金銭が必要だと信じ込ませたり、「他社で借りて信用を上げる方法がある」「クレジットで商品を購入すれば現金化できる」な ど、「良い方法がある」と誘導したりするのです。「ウチでは融資できないが 紹介してあげるので」と言って法外な紹介料を取る事犯もあります。

(2)途中でおかしいと思い融資を断ると、「家族に迷惑がかかるぞ」「キャン セル料を払え」など急に脅迫的な口調になって金銭を取ろうとし、怖くなって 振り込んでしまうケースもあります。

(3)いわゆる「架空請求詐欺」も後を絶ちません。借りた覚えもないのに請求 だけされるというものです。「あなたの息子さんが返してくれない」など家族に借入があるかのように信じ込ませ、振り込ませる場合もあります。

(4)「ヤミ金融事犯」の多くは超高金利によるものです。10万円以下の少額を融資して1週間や10日などの短期間で法定金利を大きく上回る利息を請求します。短期間なので金利がどの位か実感できない場合が多いですが、例えば、10万円を融資して10日後に「元金1万円と利息5000円を支払え」などと言われた場合、法律の上限となっている金利では800円しか、かからないはずですから、6倍以上の高金利をとられています。また、融資のときに「元金は10万円だが先に手数料として2万円引いて8万円振り込む」などというのも、高金利違反となるものです。

次のページでだまされないようにする方法を詳しくご紹介!

おすすめPickup

お役立ちキャッシング情報

商品一覧

アコム
安心のアコム
株式会社エクスチェンジコーポレーション
AQUSHローン
オリックス銀行株式会社
new! オリックス銀行カードローン
シンキ株式会社
ノーローン 新生銀行グループ
株式会社新生銀行
新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローン レディースレイク
ビジネクスト株式会社
カードローン
ビジネクスト-ビジネスローン
診療報酬債権ローン
三井住友カード
エブリカード
株式会社 三井住友銀行
三井住友銀行カードローン
株式会社三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行カードローン
モビット
モビットカード
楽天銀行株式会社
楽天銀行スーパーローン

PR


    ウェッブキャッシングドットコム|ページ先頭へ戻る▲

    個人向け商品

    経営者向け商品