借りるときの金利に上限はありますか?

「利息制限法」という法律で、借入金額に応じて年率15%〜20%の上限が決められています。

お金を借りるときの利息は、利息制限法で下記の表のように年15%〜20%に制限されています。たとえば、10万円借りた場合には年18%以下の利息を負担することになります。

借入元本 金利
10万円未満 年20%
10万円〜100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

  1.  今までは、一定の条件を満たした場合には出資法の上限金利29.2%まで貸金業法(お金を貸しつける業者を規制する法律)で認められていたため、利息制限法の上限金利を超える金利を提示していた業者もありました。しかし、2006年12月に成立した改正貸金業法により、2010年6月までには出資法の上限金利も20%に引き下げられることになりました。上限金利の引き下げが施行された後は、貸金業者は利息制限法に基づき、貸付額に応じて15%〜20%の上限金での貸付を行わなければならないと決められたのです。
     改正貸金業法の「上限金利の引き下げ」はまだ施行されていませんが、すでに多くの金融業者が金利の引き下げを行っています。以前チェックしたことのある業者の提示している金利も下がっているかもしれません。借り入れを考える際には、再度、金利を確認しておきたいものです。

キャッシング人気ランキング

  1. 第1位
    キャッシング商品1
  2. 第2位
    キャッシング商品3
  3. 第3位
    キャッシング商品2
4位
キャッシング商品4

特集

  • 銀行系キャッシング特集
  • ビジネスローン特集
  • ランキング特集
  • おまとめローン特集

おすすめPickup

お役立ちキャッシング情報

商品一覧

アコム
安心のアコム
株式会社エクスチェンジコーポレーション
AQUSHローン
オリックス銀行株式会社
new! オリックス銀行カードローン
シンキ株式会社
ノーローン 新生銀行グループ
株式会社新生銀行
新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローン レディースレイク
ビジネクスト株式会社
カードローン
ビジネクスト-ビジネスローン
診療報酬債権ローン
三井住友カード
エブリカード
株式会社 三井住友銀行
三井住友銀行カードローン
株式会社三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行カードローン
モビット
モビットカード
楽天銀行株式会社
楽天銀行スーパーローン

PR


    ウェッブキャッシングドットコム|ページ先頭へ戻る▲

    個人向け商品

    経営者向け商品