ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、中小企業や自営業者を対象とした民間金融機関の小口・短期のローン商品です。中小事業者向けの小口の貸付はノンバンクが中心となって行われていましたが、現在は銀行系金融機関も数多く参入しています。 「ビジネスローン」には、一般的に次のような特徴があります。

  1. 中小企業・個人事業主対象であること
  2. 無担保・無保証人(第三者の保証が不要)
  3. 審査時間が短い(即日融資実行な場合もある)
  4. 審査に必要な書類が比較的少ない
  5. 融資枠が比較的小さい
  6. 返済期間が比較的短い

ただし、「ビジネスローン」というはっきりした定義があるわけではないので、担保が必要なものや担保を前提としているもの(不動産担保ローンなど)、借入期間が長いもの、第三者の保証人が必要なものなどもあります。「ビジネスローン」という名前であっても内容は異なるので、借入時には個々の商品内容のチェックが必要です。

イメージ1 さらに、ビジネスローンは、銀行系かノンバンク系かによって違いがあります。
 銀行系のビジネスローンは、比較的金利が低めで返済期間も長めに設定可能であり、借入可能額も高い商品が多いようです。そのかわり、必要書類が多くて審査が厳しく、審査にかかる日数は長めになります。
 一方、ノンバンク系のビジネスローンのメリットは「スピード」です。金利は銀行系に比べて高めで借入可能額も低めですが、必要書類が少なく、早いものは数時間で審査可能と審査期間が短く、急な資金需要に強みを発揮します。
 時間的余裕があり金利負担を抑えることを重視するなら銀行系を、手間なくスピードを重視したい場合はノンバンク系を・・・と、資金需要の内容によって、ビジネスローンは使い分けることが肝心になります。

ビジネスローンのメリット・デメリット

イメージ2  中小事業者や自営業者などが事業資金を借りる場合、大きく分けて公的融資と民間融資の2つの方法があります。
公的融資は、日本政策金融公庫、信用保証協会、商工会議所、自治体(都道府県や市区町村)などの公的機関による融資です。直接融資を行うほか、金融機関からの融資に利子補給を行ったり、債務保証をしたりと、間接的に中小事業者の資金調達を後押しする形式を取っている場合もあります。
公的融資は、融資枠が比較的大きく、金利も低めなのでまず検討したいところですが、審査に比較的時間がかかり、利用対象の業種や利用条件が限定される場合もあるので注意が必要です。 それに対して、民間融資は、いわゆるビジネスローンなど、銀行等民間金融機関の融資です。ビジネスローンは、公的融資より融資枠は小さく、金利が高めな場合もありますが、比較的必要書類が少なくて審査期間が短く、利用条件も緩やかなので、急を要する資金需要にはビジネスローンが向いているでしょう。
事業資金の調達を考える際には、事業所の所在地や業種で利用可能な公的融資にはどんなものがあるのかを把握し、有利に使えるビジネスローンをピックアップした上で、金利や審査期間、利用条件等を十分比較検討することが大切です。

ビジネスローンなら、素早い資金調達が可能です


おすすめPickup

お役立ちキャッシング情報

商品一覧

アコム
安心のアコム
株式会社エクスチェンジコーポレーション
AQUSHローン
オリックス銀行株式会社
new! オリックス銀行カードローン
シンキ株式会社
ノーローン 新生銀行グループ
株式会社新生銀行
新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローン レディースレイク
ビジネクスト株式会社
カードローン
ビジネクスト-ビジネスローン
診療報酬債権ローン
三井住友カード
エブリカード
株式会社 三井住友銀行
三井住友銀行カードローン
株式会社三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行カードローン
モビット
モビットカード
楽天銀行株式会社
楽天銀行スーパーローン

PR


    ウェッブキャッシングドットコム|ページ先頭へ戻る▲

    個人向け商品

    経営者向け商品